読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の整理のためのブログ

日常で感じるはてなを、自分なりに論理立てる訓練の為の記録

生きることの意味について

ママ友パパ友と人工知能が発達していったら世の中どうなるんだろうね、という話から

最終的に生きてることの意味ってなんだろうね、という話になったので
それをきっかけに考えを纏めてみる。
 
 
結論から言うと、意味が無いものに意味を見出していくのが生きるという事だと思う。
 
事実認識として、人の人生は、
宇宙や地球の時間軸で考えるとまばたきのような
ただそこで起こっただけの一瞬の出来事に過ぎないんだと思う。
 
でも、大抵の人間は(少なくても僕は)傲慢で、
自分が理解できる範囲の事で世の中が出来ていると考えたいから、
理解できない事の理由として“神“と言う概念を作ったり、
“確かにここにあるのに意味は無い“という事が理解できなくて
「生まれてきたからには何か意味があるはず」だと思いたいんだと思う。
 
 
でも、自分が理解できる範囲が自分の全てだとすると、そういう勘違いこそ人間の特権で、
だからこそ、一人では出来ない大きな事を成し遂げたり、
ようは、生きてる間に楽しめる事がたくさんできるんだとも思う。
 
同時に、
自分が理解できる範囲が自分の全てだとしたら、
自分が生きてる事に意味づけ出来るのは自分しかいないとも思う。
 
 
なので、何が言いたいかというと、
 
生きてる事自体には意味は無いんだけど、
だからこそ、
自分が生きてる事に意味づけをしていくのは自分の役割と考えて、
生きてる間に成したい事を精一杯やる。
 
 
というのが、僕にとっての生きてる意味と生き方だという纏め。