読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の整理のためのブログ

日常で感じるはてなを、自分なりに論理立てる訓練の為の記録

Bリーグ開幕戦の感想

Bリーグの開幕戦、第2戦を見てきた感想を記録。

 

結論:開幕戦観戦は最高だった。

 

天気はあいにくの雨だったけど、観客数は約9300人との発表。バスケでそんなに集まることがまず凄い。観客内訳としては老若男女混じってて、少しオヤジが目立ったけど(お金を落とす)顧客の配分としては悪くないんじゃないか、と感じた。


ゲーム前の開幕イベントは過剰で冗長だと感じたけど、記念すべき開幕ゲームを盛り上げるためには非常に良かったと思う。

f:id:kenjimatsuki:20160924144515j:plain

※体育館で火って!熱っ!てなった。

 

何が一番驚いたかというと、全面コートのLED!

ボールの跳ね具合とか、シューズのスリップとか、耐久性とか、気になることはたくさんあるけど、ゲーム前後、ゲーム中、通して感動的と言っていい演出だったと思う。スリーが入った時とか、コートの色がグワーッて変わるのは、今後、NBAにも使われるんじゃないかと思うくらい。

 

 

肝心のゲームの内容としては、東京アルバルクのコントロールで終始した面白みのない試合だった。

東京の強くて高いディフェンスにやられて、沖縄が中にボールを入れられず、中途半端なジャンプショットやフローターを打たされてばっかり。

ボールを中に入れてないから外からのシュートへのチェックがきびしくなって、昨日は入ってたスリーも散発的にしか入らない。

沖縄の選手はもちろん頑張ってたけど、やり慣れない全面的LEDコート、何より大声援の雰囲気にやられてか、イージーなシュートを外しまくって、まるで高校生県大会のゲームを見てるみたいだった。

「高校生か!」ってヤジりたくなったよ。(野次ったけど)

第一クォーターの途中まで10対0とか、プロのゲームとしてはありえないスローゲーム。東京ももうちょっとエンタメ面を考えろよ、っていう感じ。

 

そんな中、キングスで1人気を吐いてたのが、マクヘンリー選手。2メートル超のムキムキで、ゴール下で頑張るのに加えて、ボール運んで、ピック&ロールに加わって、中距離から打ったり、、大活躍だった。先輩と呼びたい。マクヘンリー先輩!

確か、先輩は第1戦も、最終クオーターですごいダンクをした。さすがっす。。

 

で、それより、審判!

ゲームの流れと関係ないところで、バイオレーション(トラベリングとか)取るなよ!

「優等生か!インターハイか!」ってヤジりたくなった。(野次ったけど)

 

スポーツマンシップとルールはもちろんとっても重要で、それが無いとゲームは成り立たないんだけど、でも、プロスポーツはエンターテイメント性ありきでしょう?あんまり堅いことをやってるとつまんなくなるぜーって感じ。

 


東京アルバルクの選手は満遍なく仕事をしてた。田中も安定してシュート入れてたし、全員のディフェンスが良かった。最後はスタメン外す余裕も出てたし。

で、アルバルクで際立ってたのが、ギャラップ選手!クイックネスと、しなやかが突出してた。さすがNBAでプレイしてただけのことはある。カットインからのアシストとか、スリーポイントラインから、一歩入って出ての柔らかいスリーとか圧巻。MIPも取ったし。当たりの日だったんだと思う。

 

 

で、ゲーム後、ゼストで食事をしてたら、となりにギャレット一家が座る奇跡!

f:id:kenjimatsuki:20160924150330j:plain

※今夜のゲームの感動を伝えて、飲み物を奢らせて貰いましたー!役得!!

 

ゲーム内容や審判には改善点を感じましたが、それでも、これまでのbjリーグNBLには感じなかったエンターテイメント性、そしてバスケットボールの将来性を感じて、とっても満足できる経験でした。