頭の中の整理のためのブログ

日常で感じるはてなを、自分なりに論理立てる訓練の為の記録

忘れ物の天才の特徴。12選。

最近、本当に忘れ物がひどくて、子ども達にも「パパって、忘れ物の天才だね!」って言われるので、自らの忘れ物っぷりを、ざっくりと12個で整理。

 


1.原則、小物は定期的になくす。

ペンと小銭入れは絶対に半年もたない。スティックノリと消しゴムは使い切ったことが無い。リップスティックもそう。
絶対なくすので、手袋・マフラー・帽子・名刺入れ・傘は高価なものを買えない。


2.家を出るときになって、鍵が見つからない。

家を出る直前になって鍵が無いことに気づいて、家を出られなくなる。
前の日に来てた衣服のポケットに入ってたりする事が多いけど、まれに洗濯されてたりすることもある。


3.改札に差し掛かった時に、定期を家に忘れてることに気付く。

定期っぽいふくらみがあると思ってたところ(ポケット)にふくらみが無いと、敗北感が拡がる。
改札前で、前ポケットとかケツポケットとか胸ポケとかを、パンパン叩いている人を見たら親近感が湧く。


4.日常的になくすものを無くそうと置き場所を決めるんだが、どこに何を置いてたか忘れる。

他人に指摘された改善方法を試してみるんだけど、そもそも向かないので、すぐに何やってたかを忘れる。
で、また小物をなくす。


5.財布とか鍵とか定期とか、外で落としたりなくしたりしたこと数知れず。

後でその物が返ってきて、その時のショックを忘れる。
外出時は荷物はなるべく一つにまとめておかないと、自分が何をなくすか想像つかないのでこわい。


6.家に帰ってきた時に、家の鍵を会社に忘れたことに気付く。

冬の深夜だと、ピンポンを押そうか外に泊まろうか本気で悩む。


7.「忘れものはするけど、他で優れてるからいいんだよ~。」と他人には強がる。

それとこれとは別問題なんだけど、悔しいから自己正当化する。


8.同じことを何度も聞く。

興味がないとか冷たいとか、勘違いされるけど違うんです。覚える能力が足りないんです。努力します。すいません。


9.海外出張に行くのに、パスポートを持たずに空港に着く。

会社で語りつがれる笑い話を提供する。


10.アプリでは解決できない。

TrackRとか買ってみても、効果が無い。

 

11.他人の忘れ物に寛容になる。

他人の忘れ物を責める気持ちより、自分が忘れ物をした時に許してもらいたいという下心が先行する。


12.自分の子どもに忘れもの癖が遺伝してる。

子どもに自分の一部を見てるような気がして「それも可愛いから、まぁいいか。」と思っています。

 

以上です。