頭の中の整理のためのブログ

日常で感じるはてなを、自分なりに論理立てる訓練の為の記録

待機児童の解消が進まないのは、業界内の文化と受益者の思考停止が理由なのではないか、について。

今、新規事業として保育園を妄想しています。
プランはまだ全然ふわふわしていますが、困っている人が多いので、なんとか力になりたいです。

 

そんなことを考えてるので、自分の子供が受けている保育に関しても、いちいち考え込んでしまう毎日です。


さて、今日は保育園の発表会です。
子供たちが歌をうたったり、お遊戯をしたりするのを両親や祖父母が見に来てます。
何故か、昔働いていた保育士さんまで来てます。

 

こんなタイミングなので『この発表会が本当に必要か』を考えてしまいます。

 

歌が歌えるようになったり、お遊戯ができるようになったりすることは、子供の健全な成長にとって、すごく重要なことだと思います。
目標に向かって、お友達と力を合わせることを学ぶのもとても重要でしょう。
それに、一生懸命に練習の成果を出している我が子を見ると、嬉しさや誇らしさが込み上げてきます。
先生と子供、子供同士の関わり方や信頼感が生まれている様子を見ることも大事だし、同世代の子供たちと一緒に自分の子供を見ることで発達の進み具合を見るのもいいことでしょう。

 

が、、

 

それを、休日に設定して保護者を呼んでやる必要があるんでしょうか
目的はあくまで、子供の健全な成長として、です。

 

僕は、必要ないと感じます。


個人的に最も気になるのは先生方の疲弊です。
日頃から就労時間も長い体力仕事なのに、それに加えて発表会の準備とか大変だろうし、さらに、休日まで丸一日駆り出されて、大変過ぎないかと。

何より、楽しそうにやっているのが不安です。社会善に関わる事業にありがちなことだと聞いてますが、効果的に目的を達成することより献身的に奉仕すること自体が目的化してないか、心配です。

先生方は来園した保護者に対して
「来てもらってありがとうございます!」
と満面の笑みで出迎えてくださいます。

いやいや、、何をおっしゃいますやら!感謝するのはこっちですよ、先生。いくら感謝してもしきれませんよ。

 

乳児さんに演目があることも疑問です。
まだ自我がない子供のヨチヨチ歩きに寄ってたかって拍手することに何の意味があるのか、親の立場としてよくわかりません、、。
号泣してる子を舞台に上げておくのに何の意味があるのか、、。

 

よくよく考えると、運動会も同様です。いや、運動会の方が悪質かもと感じます。
発表会と同様の効果があるでしょうが、運動会の方が先生方の負担が大きいのでは、、と想像します。場所代や道具代などの直接的なコストも大きいでしょう。
発表会よりも泣いてる子が多いし。先生だけの演目があったりする。。それ必要?


個人的には発表会や運動会をすること自体はいいんですが、必ずしも親を呼ぶ前提でする必要はないのではないかと思います。
親を呼ぶ必要がないので、休日に設定する必要もないと思います。

 

発表会や運動会は、近くの保育園と連携して子供同士で発表しあったり競い合うことで同様の効果が出せませんか。
日時は金曜の午後に設定して『親も来ていい』という位置付けにしたら、負担が減らせませんか。
子供の発達の具合は、日頃から子供を見ることで知れませんか。
どうしても先生やお友達との関わり方が見たい親がいたら、それは、日常の保育参加で目的を達成できませんか。


自分は保育の専門家ではないので、わかってないことの方が圧倒的に多いと思います。
でも、二人の子供を小学生になる歳まで育て、あと二人の乳幼児を抱えてる親として、今の保育園のあり方に疑問を感じざるをえません。


ただ、決して、保育園を責めているわけではありません。
保育園とはそういうものだという思考停止が、自分を含めた世の中にあるのではないかということに危機感を感じています。

 

業界内の『奉仕が目的化した文化』と、奉仕を受ける我々の『保育園とはそういいうもの、という思考停止』が相まって、保育士を追い詰め・疲弊させ、一度引退した保育士が職場に戻る気力を無くし、結果として業界は常に人手不足、待機児童の解消が進まず、、
ということになってないか。。

 


答えはまだありません。

 


発表会・運動会に限らず、これから保育のことを勉強し、色々な人の意見を聞かせてもらいながら、自分なりの理想的な保育について、答えを見つけたいと思います。

 

今のところは以上です。